秋人形

創作ビスクドール作家 橋姫さんの
倉敷 Ikuko での展示会のビデオです。
お楽しみください。

——————————

秋人形 – 橋姫創作人形展
2001年11月1日~11日 倉敷工房 Ikuko

人形 : 橋姫
ビデオ撮影・編集 : Kunio
音楽 : Kanmi
「ただ大切で、ただ大好きなひとへ」
「アオイソラ」
プロデュース : ichico

Copyright : 2002 eyedia.com & Kanmi. All Rights Reserved

刈られっちまった悲しみに・・・ 10月7日

Too Much Crazy Hedged Weeping Rosemary!

Too Much Crazy Hedged Weeping Rosemary!
@ Home Parking Lot

ローズマリーの生垣風

Too Much Crazy Cut Haunted Wild Ginger!

Too Much Crazy Cut Haunted Wild Ginger!
@ Home Parking Lot

アオイは幽霊

——————————

汚れっちまった悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れっちまった悲しみに
今日も風さえ吹きすぎる

汚れっちまった悲しみは
たとえば狐の革裘
・・・・・・・・・・・・

これは有名な中原中也の詩です。

ぼくは中原中也も小林秀雄もあまり知りません。
ただ、ランボーの「盗まれた心臓」を訳した時に、
中也のこの詩と比較したくなりました。

この詩は、「盗まれた心臓」より、
遥かに叙情的・抽象的に読めます。
でも、この「汚れっちまった悲しみ」は、
けっこう具体的な何かのようにも思えます。
リンクした中也のサイトには
汚れっちまった主体は長谷川泰子という読みと
中原中也という読みがあると解説されています。
この詩の「狐の皮裘(ごろも)」(泰子を暗示)
の前には「たとえば」とあり、これで、
泰子ではなく中也が主体だと、ぼくは思いました。

ランボー研究家の宇佐見斉氏が、
中原中也のランボー訳「幸福」が、
小林秀雄の訳をかなり使用していると書いていました。
中也は泰子を、小林秀雄に送りだしたような印象があります。
中原中也と小林秀雄の間に、
汚れっちまった取引があったのでしょうか・・・
そう、ぼくは考えてしまいます。
ぼくは彼らの研究者ではないので、妄想ですが・・・
(「幸福」のぼくの訳はこちら、私訳・エッセイはこちら

中原中也は小林秀雄の創ったランボーの幻影に
蝕まれ、衰弱したのではないたろうか。
そして、あれは、覇権という絶対を求める
時代の狂気  ― les aspirations du moment ―
の仕業ではなかったろうか。

「さらに、ある記念の礼拝とある出来事の中で、
時代の熱狂、または、おれたち自らの重大な悪徳により、
赴かなければならないあらゆる礼拝に。
・・・・・・
どんな犠牲を払っても、どんな姿になろうとも、
たとえこの世ならぬ旅にあっても。
― いや、もはや、「その時」では。」
Dévotion / A. Rimbaud

——————————

橋姫さんの人形展のビデオを掲載しました。

人形は、汚くなろうがボロボロになろうが、
生命を持たないので、汚(よご・けが)れはしない、
それが人形の感じさせる悲しみでしょうか・・・

代々木公園 2005 – 2006年

YUKI on Tag @ Yoyogi Park Herb Garden, 2005 - 2006

YUKI on Tag @ Yoyogi Park Herb Garden, 2005 – 2006

あの頃、神宮橋に10分ほどのところに住んでいた。
代々木公園で、早朝ジョギングをしたり、Doll 撮影をしたり、
カメラのテスト撮りをしたり・・・
とにかく、よく行った。
デング熱を媒介する蚊の発生で閉鎖されたので、
昔をちなんで、勝手に掲載してみよう。

Yuki がいる所は、武蔵野の有志が作ったハーブガーデン
側に、ローズガーデンもあった。
花見に人がたくさん来るようになってから、
荒らされてしまった。今は・・・不明。

Pinkish Rose in Large Rain Drop @ Yoyogi Park, 2005 - 2006

Pinkish Rose in Large Rain Drop @ Yoyogi Park, 2005 – 2006

雨の薔薇

Free-Dog-Run @ Yoyogi Park, 2005 - 2006

Free-Dog-Run @ Yoyogi Park, 2005 – 2006

まだドッグランもなく、勝手に遊んでいた。

Dog Runs Illegally-Freely But Guard Not-Care @ Yoyogi Park, 2005 - 2006

Dog Runs Illegally-Freely But Guard Not-Care @ Yoyogi Park, 2005 – 2006

ドッグがランしてるけど、後の警備員は何も言わなかったような。

Crows VS Pigeons Battle @ Yoyogi Park, 2005 - 2006

Crows VS Pigeons Battle @ Yoyogi Park, 2005 – 2006

カラスが鳩の群れを追っ払っている。
カラスの勝手だぞ〜。
どこの世界もこんなもんかな? 

Pine of Review of Troops @ Yoyogi Park, 2005 - 2006

Pine of Review of Troops @ Yoyogi Park, 2005 – 2006

原宿側からは公園の奥にある「閲兵式の松」
当時のデジカメなので、色再現が少し変色。 

Newly White Painted Arch & House w/ L.Blue for Olympic? @ Right Other Side Yoyogi Park Entrance in 2005 - 2006

Newly White Painted Arch & House w/ L.Blue for Olympic? @ Right Other Side Yoyogi Park Entrance in 2005 – 2006

正門入ってすぐ右奥に建ったアーチと家。
石原都知事がオリンピック誘致の為に建てた
かつての選手村の再現だったような? 

Monument of Country Tree-Planting Campaign & Cat named RYOKKA @ Yoyogi Park

Monument of Country Tree-Planting Campaign & Cat named RYOKKA @ Yoyogi Park

最初に見かけたのは、選手村記念住宅、
その後、国土緑化運動の碑。
ここで、餌をもらっていた。 

Muddy Snow Man by French Kids @ Yoyogi Park, 2005 - 2006

Muddy Snow Man by French Kids @ Yoyogi Park, 2005 – 2006

雪の朝、フランス人の子供が雪泥ダルマを作ってた。 

Misty Early Morning in Summer @ Yoyogi Park, 2005 - 2006

Misty Early Morning in Summer @ Yoyogi Park, 2005 – 2006

ミスティな夏の朝 

Fountain Up-High in Early Morning @ Yoyogi Park, 2005 - 2006

Fountain Up-High in Early Morning @ Yoyogi Park, 2005 – 2006

早朝の噴水 

Mummy & Babies of Spotbill Duck @ Yoyogi Park, 2--5 - 2006

Mummy & Babies of Spotbill Duck @ Yoyogi Park, 2–5 – 2006

カルガモが育ち・・・ 

Duck Training Hard to Takeoff @ Yoyogi Park, 2005 - 2006

Duck Training Hard to Takeoff @ Yoyogi Park, 2005 – 2006

飛ぶぞ〜(練習中です)
(まあ、巣立ちとでも言えばよいのかな?)